home>キリスト教入門>聖書を読もう!>年間 第30火曜日

聖書を読もう!

年間 第30火曜日

知恵の書 3.1~19

3章

1 神に従う人の魂は神の手で守られ、
もはやいかなる責め苦も受けることはない。

2 愚か者たちの目には彼らは死んだ者と映り、
この世からの旅立ちは災い、

3 自分たちからの離別は破滅に見えた。ところが彼らは平和のうちにいる。

4 人間の目には懲らしめを受けたように見えても、
不滅への大いなる希望が彼らにはある。

5 わずかな試練を受けた後、豊かな恵みを得る。神が彼らを試し、
御自分にふさわしい者と判断されたからである。

6 るつぼの中の金のように神は彼らをえり分け、
焼き尽くすいけにえの献げ物として
受け入れられた。

7 主の訪れのとき、彼らは輝き渡り、
わらを焼く火のように燃え広がる。

8 彼らは国々を裁き、人々を治め、
主は永遠に彼らの王となられる。

9 主に依り頼む人は真理を悟り、
信じる人は主の愛のうちに主と共に生きる。主に清められた人々には恵みと憐れみがあり、
主に選ばれた人は主の訪れを受けるからである。

10 神を信じない者はその言行に応じて罰を受ける。神に従う人を心に留めず、
主から遠ざかっているからである。

11 知恵と戒めとを無視する者は不幸であり、
その希望はむなしく、労苦は無意味、
その業も無益である。

12 彼らの妻たちは愚かで、
子供たちは素行が悪く、
彼らの子孫も呪われている。

13 子を産めない体でも身を慎み、
不義の関係を持たない女は幸いである。神の訪れのとき、彼女は豊かな実りを受ける。

14 子種のない男でも、悪に手を染めず、
主に対して恨みを抱かぬ者は幸いである。その信仰のゆえに特別な恵みを受け、
主の神殿で栄誉ある役職に就く。

15 善を目指す労苦は見事な実を結び、
思慮深さは丈夫な根を下ろす。

16 しかし、姦淫によって生まれた子供は
生を全うできず、
不義の関係から生じた種は絶たれてしまう。

17 たとえ長生きしても役立たずと言われ、
老いて死を間近にしても、敬われることはない。

18 まして若死にでもすれば、全く希望はなく、
裁きの日にも救いはない。

19 神に逆らう者の子孫は惨めな最期を遂げる。

▲ページのトップへ