home>カレンダリオ>教会カレンダー

教会カレンダー

年間第1木曜日

第1朗読 ヘブライ人への手紙 3章7~14節

福音朗読 マルコによる福音書 1章40~45節

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

第1朗読 ヘブライ人への手紙 3章7~14節

(皆さん、)聖霊がこう言われるとおりです。

「今日、あなたたちが神の声を聞くなら、荒れ野で試練を受けたころ、神に反抗したときのように、心をかたくなにしてはならない。
荒れ野であなたたちの先祖はわたしを試み、験し、四十年の間わたしの業を見た。
だから、わたしは、その時代の者たちに対して憤ってこう言った。
『彼らはいつも心が迷っており、わたしの道を認めなかった。』
そのため、わたしは怒って誓った。
『彼らを決してわたしの安息にあずからせはしない』と。」

兄弟たち、あなたがたのうちに、信仰のない悪い心を抱いて、生ける神から離れてしまう者がないように注意しなさい。
あなたがたのうちだれ一人、罪に惑わされてかたくなにならないように、「今日」という日のうちに、日々励まし合いなさい。
――わたしたちは、最初の確信を最後までしっかりと持ち続けるなら、キリストに連なる者となるのです。――

▲ページのトップへ

福音朗読 マルコによる福音書 1章40~45節

(その時、)重い皮膚病を患っている人が、イエスのところに来てひざまずいて願い、「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言った。
イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、たちまち重い皮膚病は去り、その人は清くなった。
イエスはすぐにその人を立ち去らせようとし、厳しく注意して、言われた。
「だれにも、何も話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定めたものを清めのために献げて、人々に証明しなさい。」

しかし、彼はそこを立ち去ると、大いにこの出来事を人々に告げ、言い広め始めた。
それで、イエスはもはや公然と町に入ることができず、町の外の人のいない所におられた。
それでも、人々は四方からイエスのところに集まって来た。

▲ページのトップへ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今日の朗読「今日、あなたたちが神の声を聞くなら、…心をかたくなにしてはならない」とは、聖歌でも歌います。荒れ野でどれほど神に不平を述べ、不信仰をいきたことでしょう。

その時のことを引用しながら、著者は「生ける神から離れてしまう者がないように注意しなさい」と言い、「今日」という日のうちに、日々励まし合いなさい」と勧めます。

「最初の確信を最後までしっかりと持ち続ける」恵みを祈り求め、決意を新たにすることにしましょう。

キリストの他に私たちが神の前に立つ道、つまり「キリストに連なる者」になることは、ないのです。

* * * * * *

40から42節にはいやしの奇跡が述べられています。「イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、たちまち重い皮膚病は去り、その人は清くなった。」

43、44節は、イエスがこの奇跡について誰にも話さないように沈黙を求めます。45節から、イエスのこの願いは無視され、言い広められました。喜びが大きかったからでしょうか。

「それで、イエスはもはや公然と町に入ることができず、町の外の人のいない所におられた」のです。ここへもイエスを求め、多くの人が押し寄せてきます。この人びとは奇跡でなく神の人びとに対する憐れみに気づいたのでしょうか。

▲ページのトップへ