home>カレンダリオ>聖人カレンダー>聖人カレンダー365日

聖人カレンダー

8月18日 聖マインラード司祭

906年-963年

 マインラードは、スイスのボーデンゼ湖畔の村で、信心深い両親の間に生まれた。5歳のときにベネディクト修道院に預けられ、教育を受けた(当時の教育・文化の中心は修道院であり、ベネディクト会からは多くの優れた聖人・学者が輩出している)。マインラードはベネディクト修道会に入って司祭になり、修道院の中の学校で少年たちの教育にあたった。その後、山奥の小屋で孤独のうちに祈りと黙想の生活を送るようになったが、多くの苦しみ悩む人々が、マインラードに慰めと救いを求めて訪れるようになったので、彼はさらに山奥に新しい小屋を建て、そこで生涯を送った。しかしここも人々の知るところとなり、彼は祈りをもって人々を慰め励ました。

 彼の遺体は小屋のそばに埋められ、この墓で祈る人は慰められて帰るので、多くの巡礼者が世界から訪れるようになった。彼の墓の上には大聖堂が建てられ、その横にはベネディクト会の大修道院、アインジーデルン修道院が建っている。








▲ページのトップへ