homeキリスト教マメ知識>世界病者の日

キリスト教マメ知識

バックナンバー

世界病者の日

これは、教皇ヨハネ・パウロ2世によって定められました。
 全世界のカトリック教会で記念する日として定められたものとしては、一番新しいものですが、現代社会が待ち望んでいた日の設定といえるでしょう。

教皇ヨハネ・パウロ2世は、世界旅行の際にも、一般謁見の際にも、常に、病者の方々と会うことを最優先なさっていらっしゃいます。こうした、教皇様だからこそ、この「世界病者の日」をお決めになりたかったのでしょう。

1985年、教皇様は、教皇庁に「教皇庁医療使徒職評議会」という新評議会を設置し、1993年から、2月11日、ルルドの聖母の祝日に「世界病者の日」を記念するようになりました。

この日は、全世界の病気で苦しんでいる方に、ふさわしい援助の手がさしのべられるように祈るとともに、病気の人自身が、苦しみの意味をよく受け止めることができるように、奨められています。また、教会関係者のみでなく、一般の医療機関にも訴えるようにも奨められています。

教皇は、毎年この日、世界に向けてメッセージを送られます。


▲ページのトップへ