homeキリスト教マメ知識>世界奉献生活の日

キリスト教マメ知識

バックナンバー

世界奉献生活の日

花

World Day for Consecrated Life(世界奉献生活の日)は、1996年に教皇ヨハネ・パウロ2世によって制定された、この年の2月2日に実施されます。

この日は、全教会が「福音的勧告」の実践をとおしてキリストに従うことを選んだ人々のあかしをもっとよく認め、また聖別された人にとっては、自分たちの奉献を新たにし、主への献身の力の源である熱心さの炎をいっそう燃やすための機会となることを意図しています。

教皇はこの日を制定した目的を3つのべておられます。

  1. 聖別奉献生活という賜物を与えてくださった主を賛美し、感謝すること
  2. すべての人が聖別奉献生活の価値をよりよく知るようになること
  3. 奉献生活された人たちが、主が与えてくださった業のために共に集まり、祝うこと

教皇ヨハネ・パウロ2世は、世界で奉献生活を祝うこの日が、教会の宣教と聖性の上に豊かな実りをもたらすことを、心から望んでいると言われ、毎年この日にメッセージを送られます。

関連サイト:
  バチカンサイト:「世界奉献生活の日」が定めれらた時の第1回の教皇メッセージ


▲ページのトップへ