home第2バチカン公会議から50年>第2バチカン公会議の歩み

第2バチカン公会議から50年

第2バチカン公会議の歩み

1959年1月25日教皇ヨハネ23世、新しい公会議開催を発表
1959年5月17日「前準備委員会」設置を発表
1959年7月14日第2バチカン公会議と名称を決定
1960年6月5日「準備委員会」の委員の任命
1960年7月「前準備委員会」がまとめた議題が「準備委員会」に付託される
1961年6月「中央準備委員会」が、作業開始
1962年2月2日教皇ヨハネ23世、公会議開催を1962年10月11日と定める
1962年10月11日聖ペトロ大聖堂において、第2バチカン公会議開会
1962年10月20日すべての人に宛てた公会議教父たちのメッセージ
1962年11月20日「啓示に関する草案」を多数で否決
1962年12月8日公会議第1会期を閉会
1962年~1963年公会議の第2準備期間
1963年4月11日回勅『地上の平和』発布
1963年6月3日教皇ヨハネ23世逝去
1963年6月21日教皇パウロ6世選出
1963年9月29日公会議第2会期開会
1963年10月30日教会憲章に対する予備投票
1963年12月4日『典礼憲章』と『広報機関に関する教令』を承認し、第2会期を閉会
1964年9月14日公会議第3会期開会
1964年11月21日『教会憲章』『エキュメニズムに関する教令』『東方カトリック諸教会に関する教令』を承認して第3会期を閉会
1965年9月14日公会議第4会期開会
1965年10月28日『教会における司教の司牧任務に関する教令』『修道生活の刷新・適応に関する教令』『司祭の養成に関する教令』
『キリスト教的教育に関する宣言』
『キリスト教以外の諸宗教に対する教会の態度についての宣言』を総会で承認
1965年11月18日『啓示憲章』『信徒使徒職に関する教令』を総会で承認
1965年12月7日『現代世界憲章』『教会の宣教活動に関する教令』
『信教の自由に関する宣言』『司祭の役務と生活に関する教令』を承認し、第4会期を閉会
1965年12月8日公会議を閉幕

  1. 第2バチカン公会議について
  2. 第2バチカン公会議開催まで
  3. 第2バチカン公会議開幕までの準備
  4. 第2バチカン公会議の開幕
  5. 第2バチカン公会議の参加者
  6. 第2バチカン公会議の歩み
  7. 第2バチカン公会議の流れ
  8. 第2バチカン公会議の閉会
  9. 第2バチカン公会議 公文書

第2バチカン公会議から50年 (月刊誌「あけぼの」より)

▲ページのトップへ