homeキリシタンゆかりの地をたずねてゆかりの地一覧 > 本能寺

キリシタンゆかりの地をたずねて

京都府 京都市中京区

ゆかりの地

物語

本能寺


本能寺 信長公廟

本能寺は、法華宗本門流の大本山で、現在は京都府京都市中京区にあります。
 1582(天正10)年に、明智光秀が謀反を起こして本能寺に宿泊中であった織田信長を襲撃し、信長は火を放ち自害しました。

 信長の三男・信孝が信長の燼骨(じんこつ)を集め、信長の墓所を本能寺に建立しました。現在、「信長公廟」があり、御廟には、信長の武刀が納められています。

 中国大返しで畿内に戻った秀吉は、山崎の戦いで、光秀の軍に勝利します。高山右近や小西行長は、この戦いで羽柴軍(秀吉)につきました。


  • 住所:〒604-8091 京都府京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町522
  • 参拝時間:午前6:00?午後5:00
  • 参拝料金:無料
  • アクセス:地下鉄東西線 「市役所前駅」すぐ
          地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗換東西線へ 市バス「河原町三条停」下車
          市バス「河原町三条停」下車
          京阪電車 「三条駅」下車 西へ徒歩5分
          阪急電車 「河原町駅」下車 北へ徒歩10分
  • 駐車場:30分200円

●関連記事:


▲ページのトップへ