home>キリスト教@ワールドニュース

キリスト教@ワールドニュース

目次

2019年 3月18日(月)

  1. 教皇訪日時に東京ドームでミサも、と前田枢機卿
  2. バチカンのサンピエトロ大聖堂で東日本震災追悼ミサ
  3. 東日本大震災8年=鎌倉で神道、仏教、キリスト教合同の復興祈願祭
  4. 宗教の枠超え震災被災地へ祈り=岡山・黒住教本部でRNN慰霊祭
  5. 少数民族締め付け強化を、中国検察が2019年方針
  6. NZ銃乱射事件でイスラム教徒に教会が追悼の祈り
  7. バチカン財務長官ペル枢機卿に豪裁判所が児童性的虐待で6年の禁錮刑
  8. 性的虐待の米元神父が遺体で発見、事件として警察捜査
  9. エチオピア航空機墜落、国連会議参加のWCC代表も犠牲に
  10. 《メディア展望》

教皇訪日時に東京ドームでミサも、と前田枢機卿

【CJC】
 カトリック教会の前田万葉枢機卿(長崎県新上五島町出身)は3月13日、長崎市内で長崎新聞社の取材に応じ、11月下旬に予定される教皇フランシスコの訪日に合わせて、東京ドームでミサの開催を検討していることを明らかにした。
 教皇は東京と、被爆地の長崎、広島を訪問する意向を示している。東京では天皇陛下や首相との面会、長崎では核兵器廃絶に向けた平和のメッセージの発信や長崎県営スタジアムでのミサ開催などが検討されているという。
 具体的な訪日日程は、バチカン(ローマ教皇庁)や日本政府、日本カトリック司教協議会などが調整を進めている。今のところ11月25日を軸に3泊4日程度の滞在が見込まれている。
 前田枢機卿は14日、長崎県庁に中村法道知事を表敬訪問し、教皇の訪日日程について、「6月下旬から7月上旬までに正式に発表される」との見通しを示した。6月にもバチカンから担当者が来日し、訪問場所や行事を調整するという。


バチカンのサンピエトロ大聖堂で東日本震災追悼ミサ

【CJC】
バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂で3月11日、東日本大震災から8年に合わせた追悼ミサが行われた。共同通信が報じた。同聖堂の名誉司祭長アンジェロ・コマストリ枢機卿と菅原裕二・教皇庁立グレゴリアン大学教会法学部長が執り行い、集まったイタリアの在留邦人らが鎮魂の祈りをささげた。
 参加者が「今も苦しんでいる人たちのために何ができるかを考え、行動に移す知恵と勇気をお与えください」などと日本語のメッセージを読み上げ、復興支援ソング「花は咲く」の合唱も聖歌隊により行われた。


東日本大震災8年=鎌倉で神道、仏教、キリスト教合同の復興祈願祭

【CJC】
神道、仏教、キリスト教が宗教を超え、東日本大震災の犠牲者を悼む「追悼・復興祈願祭」が3月11日、カトリック雪ノ下教会(鎌倉市小町2丁目)で開かれた。市内の宗教関係者らでつくる「鎌倉宗教者会議」(会長・吉田茂穂鶴岡八幡宮宮司)の主催で、今年で9回目。
 地震が発生した午後2時46分から1分間、全員で黙祷(もくとう)した。祭壇に向かって神道、仏教、キリスト教の順でそれぞれ祈りをささげた後、3宗教の代表者らが献花をした。一般参列者による焼香も行われた。
 同教会の古川勉主任司祭(61)は「今も苦しんでいる方がいることを忘れないために祈願祭を開いた」と説明、「復興を願い、これからも心を一つに祈りたい」と語った、と日刊各紙が報じた。


宗教の枠超え震災被災地へ祈り=岡山・黒住教本部でRNN慰霊祭

【CJC】
岡山県内の宗教関係者らでつくる『人道援助宗教NGOネットワーク』(RNN)は3月11日、東日本大震災による犠牲者の慰霊祭を岡山市北区尾上の黒住教本部で行い、宗教の枠を超えて追悼や復興への祈りをささげた。
 山陽新聞が報じたところでは、天台宗、立正佼成会、金光教、カトリック、真言宗、黒住教の関係者と信者ら約60人が参列、震災発生時刻の午後2時46分から1分間黙とうした。RNNの永宗幸信委員長(倉敷市・天台宗本性院住職)が「西日本豪雨で被災した地元の復興について考えるのと同じように、東日本大震災の被災者の思いも祈ることで感じていきたい」とあいさつした。


少数民族締め付け強化を、中国検察が2019年方針

【CJC】
中国最高人民検察院(最高検)の張軍検察長はが3月12日、北京で開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で活動報告を行った。
 張氏は2019年の活動方針として「テロや民族分裂、極端な宗教活動は断固としてたたく」と表明、「新疆ウイグル自治区でのテロとの闘いや治安維持は複雑さを増している」とも強調した。
 最高人民法院(最高裁)の周強院長も「国家安全を脅かす犯罪は厳しく罰する」とした。


NZ銃乱射事件でイスラム教徒に教会が追悼の祈り

【CJC】
モスク(イスラム教礼拝所)で銃乱射事件があったニュージーランド南島クライストチャーチの『トランジショナル(暫定)大聖堂』で3月17日の日曜礼拝に約200人が出席、ローレンス・キンバリー主任司祭が「わたしたちの国で起こった深い悲しみと恐怖から地域社会はいまだにショック状態にある」と述べた上で「イスラム教徒の兄弟たちに愛と連帯の姿勢を示そう」と呼び掛け、犠牲になったイスラム教徒に追悼の祈りがささげられた。
 『アングリカン・コミュニオン』(全世界聖公会)に属する『アオテアロア・ニュージーランド・ポリネシア聖公会』クライストチャーチ教区の主教座大聖堂は8年前の地震で崩壊、その代わりに日本人建築家、坂茂氏が設計して建てられた『トランジショナル大聖堂』は「紙の大聖堂」とも呼ばれている。


バチカン財務長官ペル枢機卿に豪裁判所が児童性的虐待で6年の禁錮刑

【CJC】
オーストラリア南東部ビクトリア州の裁判所は3月13日、バチカン(ローマ教皇庁)財務長官ジョージ・ペル枢機卿(77)に対し、少年2人への5件の性犯罪で6年の禁錮刑を言い渡した。3年8カ月は仮釈放が認められない。
 ペル被告は同州メルボルン地区で大司教を務めていた1996年12月、当時13歳だった聖歌隊の少年2人を性的に虐待するなどした。
 ペル被告は疑惑を全面的に否定し、潔白を主張したが、12人の陪審員は昨2018年12月、全員一致で有罪とした。
 ピーター・キッド裁判長は13日の量刑言い渡しで、ペル枢機卿が「2人の被害者に破廉恥で力ずくの性的暴行を加えた」として、「あなたの振る舞いは、愕然(がくぜん)とするほどの傲慢に満ちていた」と述べた。
 ペル被告は全ての罪について無罪を主張し、すでに上訴している。


性的虐待の米元神父が遺体で発見、事件として警察捜査

【CJC】
米ニュージャージー州ニューアーク市の教会などで1980年から92年まで司祭を務めていたジョン・カッパレリ元神父(70)が3月9日、移住先のネバダ州ラスベガス郊外ヘンダーソンの自宅で死亡しているのが見つかった。首に銃痕があった。
 地元警察は声明で、死亡状況が不審であることから殺人事件で捜査中と述べた。
 2月13日にニュージャージー州のカトリック教会5教区が発表した、性的虐待を加えた疑いのある聖職者リスト188人の中の1人という。


エチオピア航空機墜落、国連会議参加のWCC代表も犠牲に

【CJC】
アジスアベバ空港を3月10日離陸直後墜落したエチオピア航空ボーイング737機は乗客ら157人が犠牲となったが、その中にナイロビで開かれる国連の環境会議に世界教会協議会(WCC)を代表して、参加する予定のノルマン・テンディス牧師(独ルーテル教会)もいたことが明らかになった。
 テンディス牧師は、地球環境保護問題に関するWCCコンサルタント。



《メディア展望》

  • カトリック新聞(3月17日)http://www.cwjpn.com
  • ★教皇フランシスコ=ちりに帰ることに背を向け=永遠の神に近づく四旬節
    ★横浜教区=性虐待被害者のための祈りと償いの日=「考える機会に」祈願集作成
    ★ハンセン病家族訴訟=5月の判決に向け集会=親族らの「苦しみ」に耳傾ける
    ★多様性豊かな社会目指し=浜松学院大学学生=フィリピン・ダバオ留学
    ★フランスの枢機卿=性虐待隠蔽で有罪判決

  • KiriShin(3月11日・既報)http://www.kirishin.com

  • クリスチャン新聞(3月17日)http://クリスチャン新聞.com
  • ★三・一運動から100年 韓国各地で礼拝や集会 朝鮮一致を願う祈り=神へ
    ★「捨てられた」という嘆きを主はさえぎる=福島で3・11記念集会=放射能問題講演
    ★「友だちが作った動画見てくれませんか」=JCCCフォーラム=街の若者が足を止める伝道実践
    ★天皇代替わりと 3・1記念日で声明=日本バプテスト連盟生差別問題特別委と日本キリスト教婦人矯風会
    ★東北・エマオが8年の活動を終了=出会いの大切さ“ゆっくり”味わう


情報元「(C)世界キリスト教情報サービス」

▲ページのトップへ