Welcome to Daughters of St.Paul

7月16日(日)、 年間第15主日 を迎えます。ミサで朗読されるマタイ福音書13章では、有名な種まきのたとえが読まれます。種は、道端、石だらけ、茨の間、そして良い土地に蒔かれます。わたしはイエスのことばを、どのような土地で受け取り、育てようとしているのでしょうか。イエスの言葉を大きく実らせ豊かに生きることができますように。(2017.07.16)
  ・・・・ お知らせ ・・・・・・・・
女子パウロ会 電子書籍のページ
新しく、『キリスト教とは何か⑦ 殉教ところびを越えて』(粕谷甲一神父著)と、『人はみな、オンリーワン』(森一弘司教著)が配信されています。お使いの電子書籍の配信サイトよりダウンロードしてお読みください。
東日本大震災関連サイト
 ・ カトリック東京ボランティアセンター CTVC
 ・ カリタスジャパンブログ 


キリシタンゆかりの地をたずねて2017/03/28
 小西行長供養塔
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2017/07/12
 第183回 神の十戒 –(2)
新世紀 ルーツへの巡礼2014/06/30
 11)固有の使命、固有の霊性7
女子パウロ会ニュース2017/07/01
  誓願宣立50周年を祝う7人のシスターたち

今日は何の日?

7月21日(金)

今日の出来事
巡察師アルヴァレス、マカオから日本に向かう途中、難船し、死去(1573年)/ヴァリニャーノ神父、加津佐協議会を開催し、秀吉の迫害にいかに対処すべきかを協議(1590年)/長崎奉行、勘定奉行に対して踏絵廃止を申し入れる(1857年)/CTIC(カトリック東京国際センター)東京教区100周年の記念事業として開所(1990年)/聖パウロ女子修道会、広島修道院設立(1964年)
雑誌愛読月間開始(8/20まで)
今日のことば
 寛大さ、広い心、いつも心を広げて受け入れる姿勢、忍耐をもって、すべての人を愛する。それはキリスト教的な美しい徳です。わたしたちをひどく傷つける「些細なこと」に関わるのではなく、寛大さ。そうすれば、皆さんの証しはより説得力のあるものとなり、皆さんの奉仕もよりよいもの、より喜びに満ちたものになるでしょう。/『教皇フランシスコのことば365』2013年 6月 23日 談話
今日の聖人
聖ラウレンチオ(プリンディジ)司祭教会博士

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:出エジプト11・10~12・14
福音朗読:マタイ12・1-8
今日の「聖書を読もう」
サムエル記下 11.1-17、26-27
女子パウロ会
マルコで祈る

2017/07/19

マルコで祈る
‘Laudate'(ラウダーテ)Webサイトへようこそ!

女子パウロ会は、社会的コミュニケーションのために創立された、東京・赤坂にあるキリスト教(カトリック)修道会です。

‘Laudate’とは、ラテン語で「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、すべてのことの中で働いてくださる神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに神をほめたたえる場となれますように。

携帯ショッピング QRコード

▲ページのトップへ