home>カレンダリオ>聖人カレンダー聖人カレンダー365日

聖人カレンダー

1月2日 聖バジリオ司教教会博士/聖グレゴリオ(ナジアンズ)司教教会博士

330年ごろ-379年/329年-390年

 2人とも、小アジア、カパドキアのカイサリア近郊に生まれた。バジリオは、カイサリア、コンスタンティノープルで教育を受け、他方、グレゴリオもカイサリア、アレキサンドリアで学んだ。その後、2人は当時学問の最高峰といわれたアテネ大学に学び、生涯の友となって互いに研鑽の道を歩んだ。

 バジリオは、卒業後帰郷し、将来を有望視される教授となったが、徳の高い姉マクリーナの影響のもとに修道生活を送る決心をした。グレゴリオも、初め弁論家となったが、修道生活を志した。そして彼らは、ともに隠遁生活に入った。

バジリオは、各地に修道士を訪ねた後、カイサリアの近くに修道院を建てた。隠遁生活では兄弟愛を行うことが少ないことを悟った彼は、共同体生活の形態に変え、会則を作った。バジリオの修道生活の形態は広がってゆき、「西方の修道生活の父」と呼ばれるベネディクトに対して、「東方の修道生活の父」と呼ばれた。当時はアリウス派の異端が広がっていたので、バジリオは正当信仰の擁護を主張して、闘った。また370年にはカイサリアの司教に任じられ、教区内に貧しい人々の施設、病院などを建てて貢献した。

 グレゴリオは、381年コンスタンティノープルの司教に任じられたが、すぐに辞職し、説教活動に力を注いだ。彼は雄弁家であり、文学者であった。特に三位一体論は優れたものであり、西方に影響を与えた。
 2人は、説教や神学の本を数多く著わし、教会博士と称された。
 また、バジリオの弟である聖グレゴリオ(ニッサ)も聖人であり、彼ら3人はカパドキア3大教父と呼ばれている。


▲ページのトップへ