home>カレンダリオ>聖人カレンダー聖人カレンダー365日

聖人カレンダー

12月4日 聖ヨハネ(ダマスコ)司祭教会博士

657?年-749年

 ヨハネはダマスコの裕福な家庭に生まれた。当時、その地域はイスラム教によって支配されていた。父親はキリスト者だったが、イスラム教徒の支配者の好意を受け、総督の職に就いていた。ヨハネは、シチリア島出身のイタリア人修道士から古典語、神学、科学を学び、その後、父のあとを継いでダマスコ市を治めた。数年後辞職した彼は、716年、エルサレムに近い、サバス修道院に入った。  そのころ東方教会では、レオ3世皇帝によってイコンなどの聖画像は偶像礼拝だとされ、聖画像論争が起こった。ヨハネはイコン擁護の立場を取り、異端者と戦った。また、彼は多くの神学的著作を残し、なかでも哲学、異端、東方教会の信仰について述べた『知識の泉』は有名である。この作品の中で、彼はギリシャ教父たちの教え、三位一体、受肉、聖体におけるイエスの現存、聖母マリアの無原罪、被昇天などについて述べている。また、聖歌の作曲も行った。聖母マリアへの信心に熱心で、マリアの祝日に関する説教を残した。彼は、東方教会の「聖トマス・アクィナス」と呼ばれている。  1890年、教皇レオ13世によって教会博士の位に挙げられた。


▲ページのトップへ