home>カレンダリオ>聖人カレンダー>聖人カレンダー365日

聖人カレンダー

10月17日 聖ラウレンチオ助祭殉教者

3世紀

 ラウレンチオは、スペインのラウレンチオに生まれ、信仰深い両親のもとで育った。学校を卒業してから、助祭として教皇シクスト2世や司祭たちに仕え、また教会の財産を管理し、貧しい人びとに救援物資を分け与えた。当時スペインは、ヴァレリアヌス皇帝の迫害下にあった。258年に教皇が死刑を宣告されると、彼も教皇のあとを追って死刑場に行き、なぜ自分も殺さないのかと尋ねた。ラウレンチオは、教皇とともに殉教することをいとわなかったのである。このようなことがあって、彼が教会財産の大部分を貧しい人びとに分け与えると、ローマ総督は彼を捕え、教会財産目録の提出を命じた。ラウレンチオが、大勢の貧しい人びとを連れて行き、「この人びとこそ、私たちの財産です」と言ったが、真意を理解できない総督は激怒し、彼を焼き殺した。

 彼の墓の上に、聖ラウレンチオ大聖堂が建てられている。彼は、火傷・火災・熱病から守ってくれる保護者であり、また菓子製造人、料理人の守護の聖人とされている。


▲ページのトップへ