Welcome to Daughters of St.Paul

ゲリラ豪雨にみまわれた東京です。雷がものすごい音でゴロゴロっと来ました。このところ、かんかん照りの日が続いていたので、待望の雨がやってくると思ったのですが、黒雲は、少し離れたとこにありなかなか近づかず、結局、乃木坂は、ちょっと降っただけで、ゲリラ豪雨はきませんでした。庭の草花のために残念!! しかし、夜のニュースを見ると、すごく激しかったようで、雨は来なくてよかったのかも。しかし、適当な雨は期待したいです。(2020.08.12)
「2020平和旬間の祈り」(東京大司教区)
「『黙示録から現代を読み解く』出版記念 英隆一朗神父講演」→ YouTube
・・・・電子書籍のお知らせ ・・・・
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求 めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ
東日本大震災関連サイト
「仙台教区サポートセンター活動日誌」カリタスジャパン


キリシタンゆかりの地をたずねて2020/04/24
 サン・ファン館 慶長遣欧使節とサン・ファン・バウティスタ
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2020/04/17
 第201回 わたしのほかに
     神があってはならない –(4)
女子パウロ会ニュース2020/07/30
  最後まで宣教者だったシスター寶賀

今日は何の日?

8月14日(金)

今日の出来事
最初の日本司教 P.マルティヌス長崎に到着(1596年)/マキシミリアン・コルベ神父アウシュビッツ収容所で帰天(1941年)/聖コルベ記念館(長崎)開館(1986年)/カロンデレットの聖ヨゼフ修道会来日(1956年)/季刊誌「愛」創刊(1962年)
日本FEBC(キリスト教ラジオ放送)開局(1962年)
今日のことば

 自由とは、自分の行動を省みることができ、善と悪を見分け、成長に導く行いを識別できること、すなわち、いつも善(よいこと)を選ぶ力を意味します。このとき、世の中に逆行することになっても、決して恐れてはなりません。容易ではありませんが! / いつも善を選択 ...続きを読む するために「自由である」ことはとても大変ですが、「背骨」の据わった、生に立ち向かうことのできる勇気と忍耐をもつ人にしてくれます。/『教皇フランシスコのことば365』2013年 6月 7日 談話

今日の聖人
聖マキシミリアノ・マリア・コルベ司祭殉教者

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:エゼキエル16・1-15、59-63
福音朗読:マタイ19・3-12
女子パウロ会
マルコで祈る

2020/08/04

マルコで祈る
‘Laudate'(ラウダーテ)Webサイトへようこそ!

女子パウロ会は、社会的コミュニケーションのために創立された、東京・赤坂にあるキリスト教(カトリック)修道会です。

‘Laudate’とは、ラテン語で「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、すべてのことの中で働いてくださる神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ