Welcome to Daughters of St.Paul

6月20日、「年間第12主日」を迎えます。ミサの朗読で読まれるマルコ福音書4章では、有名な嵐に翻弄される弟子たちの舟の場面が朗読されます。突然の風にイエスと弟子たちの乗った舟が浸水しいのちの危機を感じた弟子たちが、眠っているイエスを起こして叫びます。「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」と。イエスは起き上がって、風を叱り「黙れ。静まれ」と言われます。日々の生活の中で、予期せず起こる出来事。予定していたのに、すっかり狂わされることも少なくありません。身近な人の突然の病や死に直面すると、動揺しパニックになってしまいます。そんなとき、弟子たちがしたように、イエスに助けを求めることができたらと思います。イエスは、必ず「黙れ。静まれ」とおっしゃってくださるでしょう。それは、わたしの心に対しても、です。(2021.06.20)
ヨセフ年にあたって 使徒的書簡「父の心で」 (カト中央協サイト)
・・・・電子書籍のお知らせ ・・・・
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ


キリシタンゆかりの地をたずねて2021/05/30
 光明寺 支倉常長 墓所
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2020/04/17
 第201回 わたしのほかに
     神があってはならない –(4)
女子パウロ会ニュース2021/04/28
  デパートのコーナーで活躍したSr.堀井が天国へ

今日は何の日?

6月24日(木)

今日の出来事
洗礼者聖ヨハネの誕生
ヴァリニアーノ、日本布教長内規を定める(1580年)/安土焼亡。オルガンティーノら脱出(1582年)/将軍秀忠、スペインの宰相レルマ公に書を送る(1610年)/キリシタン武将織田秀信帰天(1605年)/松前藩、キリスト教を厳禁(1673年)/教皇パウロ6世回勅 『サチェルドターリス・チェリバートゥス-司祭の独身制について - 』発表(1967年)/バチカン、シンガポールと国交樹立(1981年)/大阪教区、大阪大司教区に昇格(1969年)/教皇フランシスコ、アルメニア共和国を6/24~26まで訪問(2016年)
イタリアの修道者ギドー・ダレッツオがドレミの音階を定める(1024年)
今日のことば

 み国のためにささげた貞潔は、成熟した自由のうちに「愛する力」があることを示し、神の優位性を輝かす、「未来世界」の一つのしるしとなることを示します。でも、お願いします、教会のなかに多くの霊的な子を産む「実り豊かな」貞潔であるように。奉献された者は母なの ...続きを読む です。「独身女性」ではなく、母であってくださいね。/『教皇フランシスコのことば365』2013年 5月 8日 談話

今日の聖人
洗礼者聖ヨハネの誕生

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:イザヤ49・1-6
第二朗読:使徒言行録13・22-26
福音朗読:ルカ1・57-66、80
女子パウロ会
マルコで祈る

2021/06/21

マルコで祈る

‘Laudate’とは、ラテン語で
「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、
すべてのことの中で働いてくださる
神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、
招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、
神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに
神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ