Welcome to Daughters of St.Paul

カトリック教会では、待降節第一主日から、新しい典礼の年が始まります。今年は、11月29日が 待降節第一主日にあたります。いよいよ待降節 のはじまりです。修道院では、習慣にのっとり4本のローソクを飾りました。一本目のローソクに火がつきます。コロナ過の、それも感染者が増えていき、恐ろしいことになりそうな数字が示される毎日の中で、どのような待降節を過ごしましょうか。幼子イエスが、感染症に苦しむこの世界をなぐさめ、救ってくださいますように。(2020.11.29)
YouTube「教皇フランシスコの心を支える神理解を確かめる」森一弘司教の講話
・・・・電子書籍のお知らせ ・・・・
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求 めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ
東日本大震災関連サイト
「仙台教区サポートセンター活動日誌」カリタスジャパン


キリシタンゆかりの地をたずねて2020/11/19
 上楯城跡
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2020/04/17
 第201回 わたしのほかに
     神があってはならない –(4)
女子パウロ会ニュース2020/11/27
  「パウロ家族のみとこばの年」始まる

今日は何の日?

11月29日(日)

今日の出来事
待降節第1主日
教皇ヨハネ・パウロ2世、トルコ訪問、東方正教会と歴史的共同声明を発表(1979年)/教皇ヨハネ・パウロ2世、大聖年布告の大勅書 『受肉の秘義 -2000年の大聖年公布の大勅書 -』発表(1998年)/教皇ヨハネ・パウロ2世教令「聖年の免償を得るための規定」発表(1998年)/聖ビンセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会、フランスで創立(1633年)/オブレート会(汚れなきマリアの献身宣教会)来日(1948年)
今日のことば

 福音を告げる業が実を結ぶかどうかは、人間が評価する成功とか失敗とかから分かるのではなく、自分の殻から出ていって自らをささげる愛の論理、イエスの十字架の論理に自らを重ね合わせられるかどうかによります。十字架、つねにキリストといっしょの十字架です。/ 「 ...続きを読む キリストのいない十字架」を受け取るよう勧められることがありますが、これはよくありません! 十字架が、いつもながらのキリストの十字架が、わたしたちの宣教の実りを保証します。/『教皇フランシスコのことば365』2013年 7月 7日 説教

今日の聖人
聖セルニン殉教者(トゥールーズ)

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:イザ63・16b-17、19b、64・2b-7
第二朗読:一コリ1・3-9
福音朗読:マルコ13・33-37
女子パウロ会
マルコで祈る

2020/11/26

マルコで祈る
‘Laudate'(ラウダーテ)Webサイトへようこそ!

女子パウロ会は、社会的コミュニケーションのために創立された、東京・赤坂にあるキリスト教(カトリック)修道会です。

‘Laudate’とは、ラテン語で「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、すべてのことの中で働いてくださる神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ