Welcome to Daughters of St.Paul

お祝い日が続きます。5月26日、「三位一体の 主日」を迎えました。「栄光は父と子と聖霊に」というも祈りの言葉を一日に何回も言いますが、どのような神なのか、自分の言葉では言えません。父と子と聖霊の交わりへをわたしたちを招いてくださる神に信頼し、祈る日々でありますように(2024.05.26)
■■◆◆ どうしてシスターに? ◆◆■■
5月 シスター阿部皓子
「のとせんブログー」
平和を求めて、ウクライナとロシアのために祈りましょう。
教皇フランシスコのウクライナとロシアのための祈り(カト中央協サイト)
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ


キリシタンゆかりの地をたずねて2024/03/11
 大籠のキリシタン
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2022/02/21
 第202回 わたしのほかに
     神があってはならない –(5)
女子パウロ会ニュース2024/05/19
 誓願50周年を祝う、6人のシスターたち

今日は何の日?

5月27日(月)

今日の出来事
原主水、榊原加兵衛、小笠原権之丞ら、駿河から追放される(1612年)/教皇ベネディクト15世 『教会法典』発布(1917年)
今日のことば

主とともにあれば、わたしたちは大丈夫です。信仰は主とともに、み手によって育っていきます。このことは、わたしたちを成長させ、強くします。/『教皇フランシスコのことば365』 2013年 5月 18日 談話

今日の聖人
聖アウグスチヌス(カンタベリー)司教

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:一ペトロ1・3-9
福音朗読:マルコ10・17-27
女子パウロ会
マルコで祈る

2024/05/20

マルコで祈る

‘Laudate’とは、ラテン語で
「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、
すべてのことの中で働いてくださる
神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、
招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、
神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに
神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ