2021年4月──祝・Laudate25周年

Welcome to Daughters of St.Paul

「雑草は根絶やしにしなければならない」、これは、4月9日の夜、ミャンマー国営放送が報じた国軍報道官のことばです。軍に対して民主主義を求める国民は雑草であり、雑草は根絶やし、つまりすべて抜き取らなくてはいけないと宣言したのです。国軍の弾圧による犠牲者は9日時点で少なくとも618人とされています。武器と大きな組織を持っている軍はが独走するとどうなるか……、繰り返される悲劇です。11日は 復活節第2主日で、「神のいつくしみの主日」です。教皇ヨハネ・パウロ2世が求められた「神の愛のこもった寛容さが特に輝き出る」よう、ミャンマーのために祈りましょう。
 《政治的危機の中にあるミャンマーと私たちの姉妹教会であるミャンマーの教会のために祈りましょう。ヤンゴン教区のボ枢機卿は『平和こそ唯一の道、民主主義はその道の唯一の光』と述べました。今、ミャンマーを覆っている暗闇と分裂が、正義と対話によって打ち払われますように。希望と平和、そして真の和解の共同体を築くために、私たち皆が協力することができますように。》 (2021.04.11)
教皇フランシスコの復活節メッセージ (バチカンニュース)
ヨセフ年にあたって 使徒的書簡「父の心で」 (カト中央協サイト)
・・・・電子書籍のお知らせ ・・・・
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ


キリシタンゆかりの地をたずねて2021/03/01
 円福寺 支倉常長 墓所
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2020/04/17
 第201回 わたしのほかに
     神があってはならない –(4)
女子パウロ会ニュース2021/02/12
  福岡支部を閉鎖しました

今日は何の日?

4月13日(火)

今日の出来事
福岡教区司教座教会献堂記念日/浦上四番崩れで津和野に配流後、浦上に帰村し活躍した高木仙右衛門帰天(1899年)
今日のことば

 神の子である喜びを発散させましょう。キリストのうちに生きることで与えられる自由を。それこそが、悪の、罪の、死の隷属から救い出してくれる、真の自由です。/『教皇フランシスコのことば365』2013年 4月 10日  謁見

今日の聖人
聖マルチノ1世教皇殉教者

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:使徒言行録4・32-37
福音朗読:ヨハネ3・7a、8-15
女子パウロ会
マルコで祈る

2021/03/25

マルコで祈る

‘Laudate’とは、ラテン語で
「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、
すべてのことの中で働いてくださる
神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、
招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、
神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに
神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ