Welcome to Daughters of St.Paul

2月14日、「灰の水曜日」を迎えました。今日から四旬節に入ります。今年のイースターは3月31日です。主の復活のお祝いにむけて、この四旬節をどのように過ごしましょう。教皇メッセージを読んでヒントをいただきましょう。今年のテーマは、「荒れ野を通り、神はわたしたちを解放へと導かれる」です。この期間を、戦争を起こす人間の弱さを悔い、戦禍にある人々、震災に苦しむ人々のために愛の行いをすることができますように。(2024.02.14)
「2024年四旬節教皇メッセージ」(カト中央協サイト)
「のとせんブログー」
平和を求めて、ウクライナとロシアのために祈りましょう。
教皇フランシスコのウクライナとロシアのための祈り(カト中央協サイト)
■■◆◆ どうしてシスターに? ◆◆■■
2月 シスター伊集院秀子
▼▼▲▲ 電子書籍のお知らせ ▲▲▼▼
女子パウロ会の電子書籍は、お使いの電子書籍のお店からお買い求めください。
女子パウロ会 電子書籍のページ


キリシタンゆかりの地をたずねて2023/11/22
 江戸の大殉教(元和の殉教)
カトリック教会のカテキズム(教え)を読もう2022/02/21
 第202回 わたしのほかに
     神があってはならない –(5)
女子パウロ会ニュース2024/02/16
 真の編集者だったSr.山本文子が天国へ

今日は何の日?

2月22日(木)

今日の出来事
聖ペトロの使徒座
カルヴァリヨ神父、日本の総代理に任命される(1614年)/教皇ヨハネ・パウロ2世、教皇空位期間と新教皇選出に関する『使徒憲章』発表(1996年)/仙台でカルヴァリヨ神父他8名殉教(1624年)/教皇庁教理省『生命のはじまりに関する教書 - 人間の生命のはじまりに対する尊重と生殖過程の尊厳に関する現代のいくつかの疑問に答えて - 』発表(1987年)/教皇庁広報評議会「エターティス・ノーベ『コミュニケーションと進歩』発表20周年にあたっての広報についての指針」発表(1992年)/教皇庁聖職者省『終身助祭-養成基本要綱・役務と生活のための指針』発表(1998年)/教皇ベネディクト16世、使徒的勧告『愛の秘跡』発表(2007年)
膨大な情報手のひらにという、「Iモードサービス」開始(1992年)
今日のことば

あなたにとって何がもっとも重要で貴く、自らの心を磁石のように引きつけますか? あなたの心は何に惹かれますか? 神の愛に、と言えますか? 他者のためになることがしたい、主のためそして兄弟たちのために生きたい、と願っていますか? そう言えますか? それぞれ ...続きを読む 、心のなかで答えてください。でも、どなたかはこう言うかもしれません。「パードレ、わたしは働いている人間で、家族もいるし、わたしにとっていちばん大切なのは家族を養うこと、仕事です……。」確かにそうです、大切なことです。でも、家族を一つにしてくれる力とは何でしょうか? それは愛です。そしてわたしたちの心に愛を播くのは神、神の愛です。まさに神の愛が、わたしたちの日々の小さな努力に意義を与え、また、大きな試練にあったとき、立ち向かうよう助けてくれます。これこそが、人間にとって真の宝です。/2013年 8月 11日 お告げの祈り

今日の聖人
聖ペトロの使徒座

教会カレンダー

今日の聖書朗読
第一朗読:一ペトロ5・1-4
福音朗読:マタイ16・13-19
女子パウロ会
マルコで祈る

2024/02/07

マルコで祈る

‘Laudate’とは、ラテン語で
「ほめたたえよ」という意味です。
いつも私たちとともにいて、
すべてのことの中で働いてくださる
神をたたえます。
日々新しい いのちに生きるよう、
招いてくださる神に感謝します。
大自然も、すべての生き物も、
神の創造の業です。
神様のなさることはすばらしい!

この‘Laudate’も、ごいっしょに
神をほめたたえる場となれますように。

▲ページのトップへ