home>シスターのお薦め>お薦めシネマ>タクシー運転手

お薦めシネマ

バックナンバー

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~

2018年4月

A TAXI DDRIVER

 タクシー運転手

  • 監督:チャン・フン
  • 脚本:オム・ユナ
  • 音楽:チョ・ヨンウク
  • 出演:ソン・ガンホ、 トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル
  • 配給:クロックワークス

2017年 韓国 2時間17分

  • 第90回アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表作品
  • 第54回大鐘賞 最優秀作品賞、企画賞
  • 第38回青龍映画賞 作品賞、主演男優賞、音楽賞、最多観客賞
  • 第26回釜日映画賞 作品賞、主演男優賞、釜日読者審査団賞
  • 第37回韓国映画評論家協会賞 助演男優賞、韓国映画評論家協会10選
  • 第21回ファンタジア国際映画祭 主演男優賞

第2次世界大戦に続いておきた済州島4・3事件にように韓国にも、近代史の中で悲しい歴史がありますが、韓国が民主化に進むときに起きた光州事件も、歴史の中で大切な事件です。「タクシー運転手」というタイトルからは想像できませんが、光州事件の取材のために命がけで現地に入った外国人記者を守り、なんとかこの出来事を海外に知らせて欲しいという必死で願うタクシー運転手たちが、命のリレーで彼を送り出した物語です。

韓国の名優ソン・ガンホが主演のタクシー運転手をコミカルに演じ、目を覆いたくなるこの事件を、生活の中で起きた身近な出来事にしています。光州事件を知らない若者たちが多くなっていることを危惧した監督が、メガホンを取りました。


物語

ソウルでタクシー運転手をしているマンソプ(ソン・ガンホ)は、「外国人を乗せて多額の運賃をもらう約束をした」という運転手仲間の話を耳にした。幼い娘と貧しい暮らしているマンソプは、その運賃が滞納している家賃を払える金額だと知り、そのおいしい話を横取りする。マンソプは、戒厳令がしかれ、通行禁止になる前に光州に入る必要があると訴えるドイツ人のジャーナリスト・ピーター(トーマス・クレッチマン)を乗せて光州へと向かう。途中、なんとか検問を通り抜け光州に入る。しかし。光州では大変な事態が起きていた。信じられない光景を見たマンソプの平和な日々は、一気に崩れていった。

タクシー運転手
(C) 2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.


タクシー運転手
(C) 2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

光州では、政府に反対した民衆が暴徒と化し、その人数を増していった。鎮圧するために出動した軍隊は、ついにはデモ隊に銃口を向けた。身の危険を感じたマンソプはピーターにソウルへ戻ろうとすすめるが、ピーターは現実をフィルムに残そうと逃げ惑う民衆の中に入りカメラを回し続ける。マンソプは、家に残してきた娘が気になりソウルへと戻ろうとするが……。

 

2時間17分という長い作品ですが、タクシー運転手中間の手に汗握る展開に、時間の長さを感じませんでした。光州事件そのものではなく、国民にも隠されていた事件をなんとか世界に知らせて欲しいと、ジャーナリストを命がけで守るタクシー運転手たちの願いを描いた点に、この作品の重要性があります。日本でもそうでしたが、起きていることを隠ぺいすることなく人々に正しく知らせるということの難しさを改めて感じました。


  • 2018年4月21日 シネマート新宿ほかにて公開中、他全国で順次公開!

  • 「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」公式サイト
    http://klockworx-asia.com/taxi-driver/

▲ページのトップへ