home修道生活を考えている方へ>修道院の一日

修道院の一日

花のアイコン 私たちの一日の生活を、ご紹介しましょう。

6:05 朝の祈り

6:30 ミサ (水・日は7:00)

聖歌を歌うシスター
picture by Sr.Mitsuko   

会憲 8条:

私たちは聖体の師との交わりに入り、師とともに御父にささげられ、多くの人のいのちのパンとなって裂かれていく。世界の期待と喜びと苦悩をたずさえて師のもとに行き、礼拝し、取り次ぎ、霊がどこにみことばのための新しい道を開いてくださっているかを見分ける。

会憲72条:

キリストとともに私たちを御父にささげよう。みことばと御体の食卓で私たちはキリストに変容され、私たちの間の一致のきずなを強め、兄弟姉妹の救いのために愛をもって献身することを学ぶ。

7:00 黙想

会憲73条:

毎日行う1時間の聖体礼拝は、一人ひとりにとって、師イエスのまなびやに弟子として全存在をもって入り、みことばを迎え入れ、自分の生き方をキリストの生き方に照らし合わせ、信頼をもって祈る恵み豊かなときである。すべての人、とりわけ私たちの使命によって到達する受け手や、社会的コミュニケーションの分野で働く人々のために祈る。

7:30 朝食

食事の準備をするシスター
    picture by Sr.Mitsuko

食前の祈り
   父よ、あなたのいつくしみに感謝して、この食事をいただきます。
   ここに用意されたものを祝福し、
   わたしたちの心とからだを支える糧としてください。
   わたしたちの主イエス・キリストによって。 アーメン。
          (『パウロ家族の祈り』より)

日中の祈り「聖体礼拝」:

祈るシスター
picture by Sr.Mitsuko   

その他、自由な形で30分、祈ります。
通常は個人で祈りますが、共同で祈るときもあります。

会憲59条:

ともに生きる私たちの生活は、共同体の中心であるキリストの現存と愛を示す。

8:30~12:00 使徒職

会憲20条:

使命の遂行には、創立者の霊感と模範を受け継ぎ、社会的コミュニケーション手段、すなわち、人間のコミュニケーションのために進歩が提供するあらゆる発明を、福音への奉仕に用いよう。

12:00 昼食

13:00~18:30 使徒職

働くシスター
picture by Sr.Mitsuko

18:30 夕食

夕食後 晩の祈り

“全般的な”糾明は夕の祈りの間に、一日を閉じる前になされます。自己の身分上の務めを順々に調べるもので、主決心に関するだけでなく他の欠点についても糾明し、すべての過失のゆるしを主に願うとともに、受けたすべての恵みを感謝します。
                        (『キリストがあなたがたのうちに形づくられるまで』より)

夜 くつろぎのひととき

くつろぐシスター
picture by Sr.Mitsuko

会憲59条:

ともに生きる私たちの生活は、共同体の中心であるキリストの現存と愛を示す。

LAUDATE TOPへトップページへ

▲ページのトップへ