home > シスターのお薦め > 新刊のご案内 > う~こんどのと歩く 高山右近ガイドブック

新刊のご案内

バックナンバー

う~こんどのと歩く 高山右近ガイドブック

『う~こんどのと歩く 高山右近ガイドブック』表紙

  • 監修:五野井 隆史
  • ブックデザイン:佐藤 克裕
  • 定価:本体926円+税
  • A5変形判 並製  104ページ
  • ISBN978-4-7896-0771-1  C0023



高山右近の列福が正式にバチカンによって認められたのは、今年の1月22日のことでした。
 その発表がされてから、まだ1ヶ月もたっていませんが、カトリック新聞にも、カトリック系雑誌にも、高山右近のことについて書かれていないことはないほどです。
 それほど、待ちに待たれていた朗報だったのです。

 非常にタイムリーに出された本書は、これ1冊をポケットやバッグに忍ばせておけば、高山右近についてのことは、まずすべてOKと言えるようにできています。便利な本です。

 列福式がいつ、どこで行われるかは、まだ決まっていませんが、今年、どこかへ旅行に行く予定をたてたときは、このガイドブックを開き、右近ゆかりの地が近くにあれば、ぜひ、訪問してください。

 大阪府、奈良県、京都府、滋賀県、兵庫県、香川県、石川県、富山県、福岡県、佐賀県、熊本県、長崎県、フィリピンの64箇所の地図と写真、説明がほどこされています。

 このガイドブックが貴重なのは、それだけではなく、最初に「高山右近に見る“殉教”」と題して、溝部脩司教様の文章が、後には、五野井隆史先生の書かれた「高山右近の生涯」が載せられています。
 信長、秀吉、家康の時代に生きた右近は、残されている当時の手紙や文書の中に、彼の人柄について、悪く書いている人は一人もいないそうです。それほど立派な人だったのですね。
 さらに付録のように、「高山右近をめぐる人々」と「高山右近の年表」があります。

 ページをめくりながらの高山右近の史跡をめぐる旅に、ゆるきゃら「う~こんどの」が同伴してくれます。かわいい「う~こんどの」と一緒に旅をしましょう。

この本のお求めは、こちらまで→
  オンラインショッピン  『う~こんどのと歩く 高山右近ガイドブック』

▲ページのトップへ