home第2バチカン公会議から50年>第2バチカン公会議開催まで

第2バチカン公会議から50年

第2バチカン公会議開催まで

ヨハネ23世
ヨハネ23世

 第2バチカン公会議は、教皇ヨハネ23世によって開催されました。しかし、ヨハネ23世教皇が選出されたとき76歳11カ月でしたから、このご高齢の教皇様が公会議を開くなどとは誰も予測していませんでした。

 前任者であるピオ12世は長期にわたって教皇位におられ、晩年はご病気でしたから、今度は、お若い教皇様ではなく、一定のお年の方に教皇様になっていただき、つなぎ役を務め、次の方に期待しましょうということもささやかれていたそうです。

 ただ年齢のことだけではなく、第1バチカン公会議のときと違い、5大陸にまたがる全世界に司教様方がいらっしゃいます。その司教様全員を呼び集めての会議など物理的に不可能だと、教皇庁の人びとは思いこんでいました。

 ところが、1959年1月25日、ヨハネ23世が門外の聖パウロ大聖堂に行かれたとき、公会議開催を宣言されたのです。この日は、一致祈祷週間の最終日にあたり、閉会のミサをささげるために聖パウロ大聖堂に行かれたのでした。ミサの後、教皇様が「公会議開催」を発表なさったのです。
 「わたしは今、感動におののきながら、かつ目的完遂への謙虚な決意をもって、皆さんに2つの計画を発表します。ローマ教区の教会会議と全教会のための公会議の開催です」と。

 これは、ヨハネ23世が教皇になられてから90日後の出来事でした。
 公会議開催の決断は、「教皇になってからの3カ月間の経験からインスピレーションを受けた、使徒的活動の最も輝かしい決断だ」と教皇様は述べられたそうです。

  1. 第2バチカン公会議とは
  2. 第2バチカン公会議開催まで
  3. 第2バチカン公会議開幕までの準備
  4. 第2バチカン公会議の開幕
  5. 第2バチカン公会議の参加者
  6. 第2バチカン公会議の歩み
  7. 第2バチカン公会議の流れ
  8. 第2バチカン公会議の閉会
  9. 第2バチカン公会議 公文書

第2バチカン公会議から50年 (月刊誌「あけぼの」より)

▲ページのトップへ